介護業界の枠を超え、社会に優しい企業を目指して・・・・・・・・
               

 
 
 
■実務体験で蓄積した人事の集大成

 
 
 
 
 
 
●おおざっぱな学習計画をたてよう
 
みなさまはすでに医療や福祉のエキスパートとして活躍されていることでしょう。
日常の仕事量も多く、責任も重いはずです。
家庭のある方は家族のことも考えなければなりません。
ですから最初にあまりきっちりした計画を立てても、突発的な仕事や事件でうまくいかなくなってしまいがちです。
だからといって、なんの計画も立てないのでは不安です。
「今週はここまでやろう」「来月はこれをやろう」程度の大ざっぱなプランでよいのです。
そして1週間・1か月でどれくらいの量をこなせたか確認し、そのうえで次にやるべきものを決めていってください。
この試験に限らず、受験勉強はけっきょくこの単純な繰り返しです。
そしてこの「繰り返し」を最後までやり通した人が勝利を勝ち取るのです。


 「ONEWEEK」学習法と「聴くだけ過去問CDシリーズ」
 

「ONEWEEK」学習法は端的に言えば、「繰り返しながら学習」するようなものです。
「聴くだけ過去問CDシリーズ」はラジオを聴きながら勉強をする。BGMを聴きながら、自動車の運転をする。
その「何々しながら」作業をすることで、「知らず知らずに繰り返し聴いていた事柄」が記憶に残る。そんな体験がありませんか?
その記憶法を活用した学習法が「ONEWEEK学習法」と「聴くだけ過去問CDシリーズ」です。

 
 
 上記のパターン「聴く読む試す」を何度も繰り返します。
 
 ONEWEEK学習法で1週間をうまく活用しよう
 
 なにかと多忙なみなさまですから、学習には、通勤時間や仕事・家事の合間の細切れ 時間をうまく活用してください。
それには、いつも手元になんらかの教材を置いておき、 いつでも見られる(聴ける)状態にしておくことが肝心です。
そして、比較的時間に余 裕のある日には、自分の苦手な部分にじっくり取り組んでみてください。
 

 
●公式テキスト攻略法とサブテキスト&ノート活用法
 
■公式テキストの取組み方
▼公式テキストは、当然のことですが、公的機関の調査報告や、法令、さらにメンタルヘルスの専門用語で構成されています。読みにくい・わかりにくいということが、難点です。が、検定試験はほとんどの問題がこの公式テキストから出題されると予想されている以上、やはり最低1回は通読する必要があるでしょう。(ほんとうは3回読むのが理想かと思いますが)重厚壮大なテキストなのでかなり抵抗がありますが、暗記しようとしないで、軽く内容を理解する気持ちで読み続けましょう。
最初はチンプンカンプンでも、同じ専門用語が何度も何度も繰り返し出てきますので、そのうち難しい用語にも慣れ、意味がわかるようになってきますので心配いりません。


テキストを第1頁から読もうと考えて途中で挫折し、焦りと不安で「これじゃダメだ」と悲観的になり、むやみやたらに市販の問題集や参考書を買い込んで拾い読みし、けっきょくテキストは最後まで読まないまま受験の日を迎える、という方も過去に大勢いらっしゃいました。
それでもなぜか受かってしまう方もいるのですが、あまりお勧めできません。


■サブテキスト&ノートを活用しよう
自分なりの「用語集」として1冊ノートを用意し、初めは気になる「用語」だけを書き出して、あとは空白にしておき、後にどんどんその用語の内容や意味等を書き足していくのもいいかもしれません。

過去問題や模擬問題をやっていて、間違った箇所等を中心にサブテキスト&ノートに書き込んでいくことで、結果的に、試験前までには公式テキストを一通り読んだことになります。

 学習方法はヒトそれぞれです。また、試験に合格しても、受験をしていなくても、職場や生活環境で活用できます。
 
■サブテキスト&ノートを活用しよう。
▼ONEWEEK学習法は、特別な学習方法ではありません。単に、時間管理を1週間単位で捉え、その進捗状況で学習効果を上げることが目的です。ONEWEEK学習法は、教材ファイルに添付してあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
OMI OLENT医療情報センターは,(株)黎明コーポレーションが運営する医療福祉関連の講座を主催する任意団体名です。
以下、OMIオレント医療情報センター,OMIOLENT医療情報センター,OMIオレント医療情報センターの名称並びにロゴは
全て(株)黎明コーポレーションに帰属します。